中国、台湾に行ってきました。

大変勝手ではございましたが、私は5月前半連休明けは中国、後半に台湾に行ってきました。
やはり風水を勉強するには現実の地に足を踏み入れ中国の歴史や文化をこの目で確かめたかったからです。
少し休んで申し訳ありませんでした。

その感想ですが一番深く関心したのは台湾でした。
台湾は中国と同じ文化を持つ国ですが、小さいからわかりやすかったです。
中国を知るには、あまりにも国が大きくなかなか時間もかかり、一生かかるかと思います。
台湾の街をバスで通りますと、いたるところに風水という字が書かれており、台湾人はなにをするにも風水にこだわり人々に密着しています。
そして日本語OKと書いてありました。
台湾人には日本語ができる人が多くいるとのことでした。

戦前は日本人が国のいたるところにインフラ事業を行い、それが今でも人々の生活に利用され大変な恩恵を受けているということで、とても親日家が多いということです。鉄道やダム、川の治水工事など多くの土木事業が今も生活に大きな貢献をしています。

また今回はツアーの旅でしたが、次回は台湾の有名なデパートに行ってみたいと思います。それはそごうデパートです。
そごうデパートは中国本土や東南アジアから多くの人が買い物に来ていてとても人気があると聞いております。
そごうデパートは風水を取り入れて建てられたのです。
では本日はこれで失礼します。
次回は中国の感想を私なりに風水との関わりを話します。

皆様方も風水について少しはご理解していただいたでしょうか。
そろそろ実際の風水について考えてみたいと思います。
皆様方が家を新しく立てようとしているとき、今の家が風水上正しいのか知りたい人等、ぜひご参加下さい。
それは無料でサービスします。毎月5名を予定しています。
次回そのことについて詳しく説明致します。お楽しみにして下さい

This entry was posted in ニュースリリース. Bookmark the permalink.