階段についてのお答え

前回の階段についてのお答えをします。

①そのまま(足踏みを)つけるだけ
②階段の周りを囲む
③特に気にしない、2階へ上がれればよい

以上の③点でしたが一般の考え方は①、③にする方が多いと思いますが正解は②です。
なぜ周りを囲むのかといいますと周りを囲むことによって玄関から入ってくる気は1階にも2階階にも入り気が行き渡ります。
周りを囲むことによって煙突のようになり道ができるのです。
道ができると自然に気は通ります。

またどうしても部屋が狭い場合よく螺旋階段を設けているのを見かけます。
その螺旋階段も周りから気が抜けるのです。
風水において気がいかに大切かをお話しましたが、思い出していただけたでしょうか。
階段はその点注意して設けねばなりません。

また家によっては外階段を設けているのをよくみかけます。
二世帯住宅に良くあります。
もうずいぶん前のことですが、有名な芸能人が婚約発表をして幸せそうな二人の姿がテレビに写し出されていました。
そして新居も写っていました。
その室内に螺旋階段が設けられていました。
部屋が狭いわけでもなく広々した室内でしたが、部屋の美観のため螺旋階段を設けたのです。
幸せな結婚生活はしばらく続きましたが、ある日妻が病気になり若くして亡くなったというニュースが流れました。
螺旋階段がすべての原因ではないでしょうが、できれば避けたほうが賢明です。

This entry was posted in 土地・建物関連の風水. Bookmark the permalink.