門と玄関のタブーについて

① 門と玄関は一直線上にしないで下さい、必ず門と玄関は配置をずらして下さい。

② 大邸宅の門に限って、よく人が一人出入りできる小さな出入り口(くぐり戸)を作っていたりしますが、絶対にしないで下さい。昔の茶室作りの家に見られます。実例として、千利休の家にはくぐり戸がありました。千利休は秀吉に大変気に入られましたが、最後はひどい目にあいました(くぐり戸というのは出入り口なのに少し頭を下げて出入りします。これは私の主観ですがあまり頭を下げるのは良くない状態かと思います)。

This entry was posted in 土地・建物関連の風水. Bookmark the permalink.